突撃日本滞在のわけやあれこれ

私は今、ジュネーブに向かう飛行機の中にいます
どうしても記録に残したいことがあり筆を取りました

先月24日から今朝まで日本に実は居ました。
いま 日本に帰らないと もう後悔して生きてけない
というくらいの強い衝動で
5日後の航空券を急遽予約し
あれよあれよーのうちに
帰って来てました。

父の癌が再発して
今回は自宅治療が叶わず
入院になってしまったのが一月の末。
それから母は毎日欠かさずお勤めのように
(母曰くデートだそうです)病院に通い続けている。
週7日のペースだ。すごく働き者級です。
毎日行かなくても、看護師さんや先生方が見て下さってるから大丈夫よって
いうのですが
母は会いたくて行ってしまうのだそう。
私の考え方がネガティブすぎる、とでも言いたそうな、
そして強い父への愛情を感じる。

そんな状況なので、
私は、父が無菌室に入る前の元気な姿が見たくて
今回はほとんど、どなたにも帰国を知らせず帰ってきました。
家族すら、急すぎて日にちがハッキリしなかったみたい本当にごめんなさーい。

出来るだけ毎日、父に会いに行った。
もともと全く言葉を発しない父だったけど
気づいたら、父は言葉を使わずに話をしていることに気がついた。
母がずっと言っていた通りでした。
父は昔から欲の無い人で、凄く透明に近い人物だと思う。
もはや、今は父を見るだけで感動の境地。

両親はこうして、
私が幼い頃から言葉を通さず夫婦の会話をしていたのだなって
今になって気づきました。
私の精神が幼稚すぎて知らなかったよー

昨日、帰仏前に、いつものように
面会時間終了ギリまで父の側に母と過ごしました。
父はやっぱり語らず
心を通してたくさん話してくれた。
とっても嬉しくて涙が出そうだった。堪えましたが。
私は昔から我慢強くて頑固です。
父の前で泣いてたまるか、と思っちゃったんです。

私が日本に滞在中、私と父と母は良く笑って、本当に良く笑いました。
なにがあんなにおかしかったんだろう。。。

自宅までの帰宅時、母の隣で散々泣けた。
母が
うちの家族は言葉を超える伝達方法があるから
距離は大して問題にはならない
というようなことを言って
励ましてくれた。本当にありがとう。
私の大好きな人も同じようなことを言っていた。

欲を言えば
父にもっと欲があったらいいなって思います。
(あ、ダジャレになっちゃった!)
何でも受け入れる懐のデカさは
とても美しくて、私も姉も母も大好きなところだと思う。でも
今は欲を出してくれたらなーなんて
わがままにも思ってしまいます。

。。。なんてことを思いながら、ロンドンからジュネーブ行きに飛行機替え~!

あーもうすこしで
仮の我が家に着く
本当の我が家に父を呼べるよう頑張ろう!

と、暇暇な飛行機の中で、パソコンひらして書き書きした昨日のブログです。
なんか日記みたいになっちゃったぁ〜。みなさん読んでもつまらなかったで賞!

今、私はフランスです。寒いです。小雨が降っています。
暖かくなるのが楽しみです。

みなさん、どうぞ良い季節をお過ごしください。
日本は暖かくて過ごしやすいですね。

次回は今回日本にいて感じた空気のこと、大地のこと、書きたいと思います♡
スポンサーサイト

優しさ

平和

って、本当の意味でどんなことなんだろう

Om shanti

ヨーガの稽古、マントラ詠唱でも沢山出てくる平和への祈り
地球全体の平和 
1個体としての平和
限られた空間の中での平和
 
私は深く考え過ぎる癖があると
小さい頃から母が言っていた
なんでも分析して書き留めたいタイプ
ペンとメモ帳は日々欠かせないものなのです

でも
その書き留めたものを何かに活用するかと思うと
そうではなく
自分の中でだけ活用できる個人的な資料になる
あくまでも私の場合は。

考察したものが人様の役に立たないのなら
それは時間の無駄使いということになるのだろうか

考察したものが私の精神の糧になり
世の中の役に立てば
考えただけの価値があったと言えるのだろうか

何を基準として
善い、善くない

判断していいのか
最近良く分からなくなる

父がまた同じ病で治療を受けることになりました
これも
大体いいことなのか、悪いことなのか分からない

最近、とても傷つく対応を受けた
これも
良いことなのか、悪いことなのか分からない

結局
それを乗り越えて
いい状態に辿り着いたときに
その一見悪いと思われる出来事も
よかったのではないか、と
経験するべくして経験したのだ
ということになるのだろうか

そんなこんな
またもや悪い癖で
考え考え考え続ける私ですが

母からのメッセージに心がいつも癒されます
優しさでいっぱいです

私のいつも持ち歩く手帳には
母の手紙がいつも挟んである

ちょっと元気がなくなると読む手紙

母と知り合うことができて
母と今なお信頼関係を築くことができていて
母がまだ健在であるということは
なんとも有り難いことです

平和

今はひたすら父の病の回復を祈るばかりですが
当の本人は至って以前と変わらず
多くを語らずいつも微笑んでいる
(らしい。。直接会ってませんから。)

明日は大好きな母のお誕生日です
この特別な日に
彼女の平和の観念を聞いてみよう

きっと答えはごくシンプルだって
検討はついているんですけれどね。

”他人の中に欠点を見ると、まず自分の心が汚れるのです。
自分自身を傷つけるだけです。”

これは、マザーテレサさんの言葉。

もう寝よう。
早起きの私はフランスでも早寝です。
おやすみなさい。。

心配

きりんさんの住んでいる地域は
昨日は
空がどこにあるのか分からないくらいの吹雪で
真っ暗な土曜日で
気圧もとっても重たくて
最悪な一日だったのだそう

突然
きりんさんから連絡が来て
何かと思ったら
天気があまりにも悪いので
私に何かあったに違いないと思って連絡したのだそう

いつも そう

天気が悪いと
私が苦しんでいると思い込むきりん

日本はとっても快晴で素晴らしいお天気だったですぜー
と答えると
ああ、そうですか
と言って
バツが悪そうに世間話を始める

いつも そう
お皿が割れたり 天気が悪かったり
自分の調子が悪いと
私に何かあったと思って心配するきりんさん

そのようなことがある度に何かあったら
きっと私は今頃この世には居ないでしょう!

まぁ、心配してくださるのは
とっても有り難いことです

でも
きっと
彼はとっても疲れるだろうな。。。

まあ、昨日は本当に素晴らしい一日でしたから
何かあったどころか、素敵な一日でしたよ
と伝えました

そうしたら
とっても喜んでくれて
有り難かった

でも、なんとなく分かる気がする
私も心配性だから。

お皿が割れたりすると
何か災難をお皿が身代わりしてくれた気がして
逆に有り難いですけれど

嫌な予感がするときは
何も悪いことが起こらないように
自然と祈ってしまう

毎朝 祈りを唱える時間があっても尚
それだけでは気が済まないことだってあります

ヨーガの教えは
全て起こることは必然であり
計算され尽くしたタイミングにより届けられるので
まぁ、心配なんてする必要はないのですけれどね。。。
まだまだです

今日はこれからお出かけ!
素敵な一日になること間違い無しで、
嬉しくて嬉しくて
とっても早起きしてしまいましたぁ~!!!

行ってきます!楽しみ~るんるん♪

みなさまも良い日曜日をお過ごしくださいませ!

家を一軒建てるということ

今日は愚痴っぽいですから、
落ち込んでいる方はこの先を読み進められませんように!!!!
わたし、さらに落ち込ませてしまう自信満々です〜
どうぞ、元気じゃない方は、読まないでください。。。

今 我が家の庭には建設中の姉夫婦のおうちがあります

上棟はこれから。
なので とっても今繊細なところなのです

でも ここのところの雨続きで
私たち家族は今後の姉夫婦宅の行方が不安で不安で仕方ありません。。。

雨の神様に少しお休みいただきたいくらい 切実な思いでしたが
今日はそのお家にとってもとっても悪いことが起こり
一日中 姉夫婦のお家のことで 時間が取られてしまいましたぁ ガビーン

家族のために 時間を使わなくてはいけないのは 全然構いません
だって みんなのこと好きだからね。
でも でも
工事関係者にこの不満を訴えるという作業は
本当に苦しみです〜
ちゃんと こちらの要求が伝わらないと
ただのクレームとして 処理されてしまう可能性が大!
全然クレームではないんです。。。
ちゃんとやっていただければ、それで良いんです〜

なのに なのに
どうして家の中が大雨なのでしょうか?
そして、
お家の材料達がずぶ濡れですけれど。。。
これを もしや 使うのではありませんよね?!
これ、使うとしても酷すぎるし、家は浸水状態だし、
使わないとしても 資源の無駄遣いで 相当な罰当たりであります
そんなこんなで
今日は朝から 憂鬱。。。
ゆううつぅぅぅぅぅぅうぅ〜うっ、ううぅぅうぅ〜♪ 
と一曲、演歌風のマイナス調な曲が出来てしまうくらい
とっても悲しかったです。。
まだこの行方が分かりませんので、気持ちがすっきり晴れませんが、、

何よりも可哀想なのは 姉夫婦。。。
特に姉は天真爛漫、頭脳明快で本当に明るく素敵女性なのですが
日中、彼女が仕事中に事件が起こることが多いので
家族に迷惑をかけているという罪悪感に 相当苛まれている模様

家を一軒建てるということは 
かくにこうも難しいことなのでありますね、、、

とにかくとにかく、祈る気持ちで
明日を迎えたいと思います〜

明日は現場監督と現場にて現場検証。。。チーン。。
こんなしょぼい私が役に立てるのかぃな。。。不安不安、、、。
病み上がっていない母も立ち会う予定ですが、大丈夫なのかなぁ〜

とにかくとにかく 祈って静かに過ごしますぅ〜

あ〜ん、とにかくみんなが幸せな展開になりますように〜

なんだか試されている気持ちです。
大変なときに どんな反応や対応をとるのか
どなたかに試験されているかのように
時にどどど〜ん!と難しいことが起こります。
平和的に解決できるように努力しま〜す!
見ててくださぁ〜い!という思いです。。。

みなさん、どうぞ良い夜をお過ごしください!
私も静かで穏やかな夕べにしたいと思います!

あ〜、エネルギーを沢山使ったので、お腹空いたよ〜ぉぉぉぉ

穏やかな朝

日曜日の朝がとっても大好きです

両親と姉夫婦とゆっくり時間をかけて朝食を摂りました。

日常的には、
両親はいつも決まった時間に規則正しくしっかり朝食タイプ。

姉夫婦は仕事で朝がめちゃくちゃ早いので、朝食は摂らずに
ササッと水分補給だけして、フルーツをほんのひとかじりして
あっという間の俊速で出掛けてしまう 慌てん坊タイプ

私はヨガの練習があるので 時間が合わない

日曜日くらいです、こうして家族でゆっくり日だまりの中 朝食がとれるという喜びは

今日はお天気がいいので、とっても気持ちがいいです

昨夜、とっても大好きな友人からメールをもらい、
私たちは体質が似ているから、考え方が似ていて、考え方が似ているから、体質が似ているね、
のような内容のメッセージをいただいた
その子が大好きなので、似ていると言ってもらって本当に嬉しかった 
ありがとう♡

その友人曰く、骨格や体格が気質を決めるかのごとく、骨格/体格によって気質に何らかの影響があるらしい

うんうん、うなづける

その関係性を私はヨーガを通して目撃してきました
分かりやすい簡単な例では
ヨーガをしていて、胸が開くようになった生徒さんは 
身体だけでなく、心も本当に内側から開いている印象がある 

以前勉強したエネルギーの分野でも 少し違うかもしれませんが
太ももが太っている人は、気持ちをうちに溜めやすい傾向がある とか、
足の調子が悪い人は、自立できていない現実があることが多い とか、
左半身のどこかの調子が悪い人は、家族との関係を見直すべし とか、
体の状態や症状を気持ち的な因果関係と結びつけて考えていた

ということは、
体型が変わったりすることが 考え方を変えるということに影響を与え得るし
考え方を変えることが 体型に影響を与えることも有り得るだろうし
そこに人間の身体面と心理面での深い繋がりを感じます

魂は決して変わらない本質的な強さがある
でも、気持ちや体はいつでも変化するだけの柔軟性を持って存在している
本当に素晴らしい
だから、人間として、成長したりする機会を与えられて 変化することが許されている

そういえば、呼吸だって、心と体にとっても影響を与える
これを書いてしまうと 長くなってしまうので 
機会があればいつか考察してみたいと思いますが

ヨーガをして、体を自由にしてあげると こころも自由になる
と どうしても ヨーガが大好きな私としては
何もかも ヨーガと関連づけてしまう

ヨーガをしていて良かった

そういえば、きりんさんは、185センチ以上の長身にも関わらず 体重は私と一緒であります
かなりなガリンコリンな痩せ体型 言うまでもなく とても繊細な体である
私は 真逆の しっかりした骨格と体格をもって かなり体が強い
これだけ体が違うのだから、考え方はさぞかし異なってあたり前ですね

せっかちな私と のんびり屋のきりんさん
嫌なことがあっても熟睡できる私と 傷ついたら眠れる夜をいくつも過ごすきりんさん
夫婦で こんだけ違うんだから
世の中にいくつも沢山の考え方やアイディアがあって当然ですね

全て違って全て良いですね〜と思える日はくるのでありましょうか???

今日はこれから、来月のヨーガの企画を立てに 人類の救世主のようなかたにお会いしてきます
わくわく るんるん ♪ とっても楽しみです!楽しい企画は大好きです〜!

皆様もどうぞ良い日曜日をお過ごしください!

プロフィール

Tami

Author:Tami
私は たみ。
私はヨギーニ。
今はフランスはオートサヴォワ県にあるアヌシー近くにあるとても本気な田舎に住んでいます。
フランスでの出来事やヨーガのこと、日常のことをアップしていきたいと思います☆

ヨーガのレッスンを生徒さんのお宅でさせていただいております。
我が家でもプライベートレッスンをしております。
その他、音楽療法士としてピアノ・歌の指導、身体リハビリテーションに携わる。
キールタンの作曲に励んでおります。

2010年5月よりフランスに移住を機にブログを開始。2011年帰国。
2012年5月5日きりんさんと結婚。Haute-savoie/Franceにお引っ越し。
2012年7月帰国。
2013年春, Collioure /Languedoc Roussillonに移住。
2014年夏, Mt.Martin-Bellevue/Haute-savoieに移住。
家族命。
自然とふれあうことが大好き。
田舎に住むことが夢、でしたが、まさに田舎に今住んでいます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR