気がつけば、Mantreux そして塩

昨日、何となくランチ後にMeillerieのほう(Evianからスイスに向かって走っていく途中にある可愛い村)に
行こうと車を走らせていたら
何となく もっと行ってみたくなり
何となく ずっと田舎道を走り続けて
フランスとスイスの国境越えて、
ワイン畑を越えて、
牛の赤ちゃんのいっぱいいる農村を越えたりして、
気がついたら、Mantreux(スイス)まで来ていた。
Mantreuxはレマン湖畔のリゾート地でとにかく奇麗なところです。



私は4年前だったかな?クリスマスのマルシェが開かれている時に遊びにいったことがありますが
当時はめちゃ寒くて、めちゃ寂しいお天気だったので、
こんなにも奇麗な湖畔だったとは知りませんでしたぁ~。
(もちろん、クリスマス時期でも街自体はキレイですが、
寒すぎて外の景色をゆっくり眺める感じではなかったのです~)


漁師さんとレマン湖

さてさて、それはさておき、
実は先月中旬だったか上旬だったかに髪をばっさり30センチ以上切りました
お陰さまで、地肌がとってもとっても喜んでいます
今まで重たい髪を背負っていて大変だったかな、頭皮さん?
でも、生きている人の髪は健康であれば長くても短くても基本的に
重いたいと感じることは少ないのだそう。

髪を急に切りたくなるんだから(というか、実はだいぶ前から切りたかったのでした!)
どっか私のバランスが欠けていて
髪をばっさり切る必要があったのかもしれません。
もしかしたら、ただ単にそんな気になっただけかもしれません。

でも2013年は割と(かなり、とっても、非常に)生活が乱れていて
とにかく髪の毛振り乱して必死だったので(本当に乱れていました~身体も心もね。)
汚いヨゴレ的なものを切り去りたかったではないか、と自分では思っています。

髪を切ってからというもの、本当に健康生活が前よりも楽しく愉快になりました。
大好きなヨーガの生徒さんから教えていただいたことがきっかけで始めた塩浴も
(教えていただいた本の著者さんが実践して何度も失敗してらっしゃるとか)
私は難なく、苦なく続いております。

みなさんが塩浴に興味があるかどうかは知りませんが
わたしはかなり前からシャン、リン、石けん類は全く頭には使用していませんでした。
(正美さんに教えていただいてシャンリンを止めていたので
かれこれ何年にもなると思いますが、髪の毛は割と元気でした)
でも、塩浴にしてからは、髪に一切オイル(100%天然であっても)使用しなくなりました。
こちらはだいぶ乾燥地帯なのですが、全く痛む様子がありません。
そしてドライヤーもとうとう卒業し、一切使っていません。
髪にシャンプーやリンスや整髪剤などを使わなければ、ドライヤーを当てなくても
一切髪の毛は痛まないことを知りました。
わたしは遠泳が好きで良くプールに行くのですが、上がった後に塩水を頭から足の裏まで
しっかり濯いで冷水を頭からかぶれば、やっぱり何もしなくても
髪も皮膚もなにもかも痛みません。本当に不思議。

顔も入浴後に何もつけなくなりました。
わたしは生きてきてこのかた、一度も肌が奇麗だった試しがないのですが
化粧水、クリーム、オイル(天然100%であっても一切卒業しました)と
さよならした途端、めちゃくちゃキレイになりました びっくり。

なんで、こんなに塩浴にハマっちゃったかというと。。。

健康法って数多あるので、あまり真剣にならなくても
自分の独自の方法で良いと思っていたのですが
どうも毎回入浴する度に、石けんカスが地球を汚す一要因であったり
工業廃水よりも生活汚染水のほうが今日では水汚染の第一要因だったり
いろいろ考えてしまって
何か出来ないものかと何となく思っていました。



でも、ただでさえ修行的な生活、これ以上に厳しいことしたら
生きること自体が楽しくなくなっちゃうよね。。。
って思っていたところに出逢ったのが塩浴でした。

本の著者さんも同じようなことおっしゃっているのですが
犠牲的な精神を伴うエコロジーを意識する生活を始めると
めちゃくちゃ生活がしにくくなったり、
時にどうしてわたしだけがこんなに苦労して小さな努力をしなくてはいけないのか
と疑心暗鬼になったりしてしまいますが
(それにエコ製品って意外と高いしね)
(それに犠牲的精神が他の誰かをしあわせにしたり、地球を元気にすることは
決して、決して有り得ないと私は思います)
塩浴はズボラで面倒くさがりやの私にぴったりです。
お風呂場もすっきり。だって塩以外なにも置いていないです。

化粧水(化粧水は以前から使うことが滅多になかった)もクリームもオイルも
なーんにもいらない。
ボディシャンプーもシャンプーリンスもトリートメントも なーんにもいらない。
だからお風呂には塩だけ。
ね、ズボラで貧乏な私にもってこいです。

となりに数多く並ぶキリン氏のバス製品達を横目に
わたしはなんてシンプルなんだろうと感激すらする!
そして、以前より肌がキレイで髪が活き活きしているのです!
(でも、キリンはもともと、とても美肌男子です。)

私が一番最後に入浴します。
なぜなら、塩浴をするとそれだけでお風呂が奇麗になるんです。
塩がお風呂のよごれまでながしてくれる。
配管のぬめりを強い洗剤使用せずに取れるなんて全くエコ&エコです。

でも、このブログはものを勧めたり、健康法を勧めたりするブログには絶対したくないので
(わたしには、なにかモノをお勧めするセンスがどうもないようで。。。苦笑)
ただ面白く可笑しく、こんなヨーガ的な生活している変人がいるよー的なブログにしたい
というのもありまして
塩浴の話はこれでおしまいだせぇ~

身体に合うか合わないかだって、人それぞれですしね。
塩アレルギーの人は基本存在しないと10年前までは言われていましたが
今は身体が自然から大逆走しているので
生まれる前はママの羊水(塩水)にたっぷり浸かっていたというのに
酷い塩アレルギーさんにも出逢うようになりました。
なので、これで塩浴の話はおしまい。
知りたい方は個人的にメッセージください!

あー、常に頭の中で勝山さんが右から左にものを受け流す歌を歌っている~ぅ。
ついこの間までは、NHKの”わたし、ねこ”の歌がずっとずっと廻りつづけていましたが。

今日はお義姉さんに会う予定です。どうも体調が良くないのです。
41歳で妊婦さんになったお義姉さん。10歳と9歳の息子達を抱えて、大変なんですって。
なんで、元気じゃなくなっちゃったのかな。。。
妊婦さん代行できるものならしてあげたいくらいであります。
でも
それが出来ないので
会いに行ってきま~す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tami

Author:Tami
私は たみ。
私はヨギーニ。
今はフランスはオートサヴォワ県にあるアヌシー近くにあるとても本気な田舎に住んでいます。
フランスでの出来事やヨーガのこと、日常のことをアップしていきたいと思います☆

ヨーガのレッスンを生徒さんのお宅でさせていただいております。
我が家でもプライベートレッスンをしております。
その他、音楽療法士としてピアノ・歌の指導、身体リハビリテーションに携わる。
キールタンの作曲に励んでおります。

2010年5月よりフランスに移住を機にブログを開始。2011年帰国。
2012年5月5日きりんさんと結婚。Haute-savoie/Franceにお引っ越し。
2012年7月帰国。
2013年春, Collioure /Languedoc Roussillonに移住。
2014年夏, Mt.Martin-Bellevue/Haute-savoieに移住。
家族命。
自然とふれあうことが大好き。
田舎に住むことが夢、でしたが、まさに田舎に今住んでいます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR